コラボ

運命の人



2291_2.jpg








タタタターン
訪れを告げるノックの音






2308.jpg








あなたは覚えてくれてますか
十代で初めての入学式
翼の生え揃わない若鳥たち
互いを知らないあなたと僕




9397az.jpg




あなたは覚えてくれてますか
笑い声とゴムボールとスリッパが飛び交う時間
本を読んでたあなた
「下巻持ってるよ」
何の工夫もない言葉
「じゃあ貸して」
迷わず答えた素直な笑顔




4164.jpg




あなたは覚えてくれてますか
太宰治に中原中也
宮沢賢治に佐々木丸美
今の僕を形作る大切なもの
教えてくれたのはあなた




2264.jpg




あなたは覚えてくれてますか
愛がわからないと語り合った時間
飛べない鳥だと笑い合った一体感
二人を真っ赤に染め上げた夕陽




9071.jpg




あなたは覚えてくれてますか
同窓会のあと二人で飲んだマティーニ
シンデレラの時間を過ぎた時計
背中を通り過ぎるチック・コリア




8803.jpg




あなたは覚えてくれてますか
呟くように吐き出した言葉
愛なんてわからない
自分を愛せないから
あなたも私と同じなのよ




2010_10_2.jpg




あなたは覚えてくれてますか
僕の全てを見通す瞳
自分の全てを蔑む目
僕の瞳に映るあなたの表情




7583a.jpg




あなたは覚えてくれてますか
僕のたどたどしい答え
「愛」なんて無いんだと
感じたものが愛なんだと
羽ばたけば飛べることを知るんだと




2010_10_1.jpg




あなたは覚えてくれてますか
くしゃくしゃの泣き顔
涙の痕が残るはにかんだ笑顔
二人を包むマイルス・デイビス




4101b.jpg




あなたは覚えてくれてますか
僕に送った一枚の葉書
白いドレスに身を包む笑顔のあなた
隣に知らない男




140.jpg




僕は忘れられません
添えられた言葉の簡潔さ
「 結婚しました
 私も飛べました」
交じり気のない幸せに満ちたあなたの瞳
僕を食らい尽くす喪失感




1579.jpg





あなたのことが好きでした





4417a.jpg




あの夕陽が色あせなかったのは
あのマティーニが忘れられなかったのは
僕だけだったのですね




コラージュ








どうぞ幸せになってください










2314.jpg











聞こえるのは
電線をくぐり抜ける風の泣き声

あの音はずっと聞こえない




7333.jpg











扉1a





詩   : Like a glass of wine
写真 : cafe sanur




☆ ブログ 「Like a glass of wine」 では、写真を一部別のもので作っていますので、よろしければそちらも、ぜひ併せてお楽しみくださいませ。

そちらの写真も、すべて cafe sanur 撮影、加工によるものです。



ありがとうございます。
cafe sanur






テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

コラボ

旅人とオアシス



砂漠の中にあるらしい

あるオアシスの物語

湧き出る泉は澄みわたり

ほとりの木々には鳥が舞う




砂漠の中を旅してる

ある男性の物語

砂漠を越えてやってきた

長い渇きに苦しんで

息も絶え絶えよろめいて

このオアシスにやってきた


IMG_1209cafesanur20160525a.jpg


木陰にひっそり湧く水の

青さに吸い寄せられるよに

砂に汚れた指先を

おずおず泉に浸します

その感触を確かめて

ゆっくりゆっくり動かして

かすかな鳥の鳴き声に

そっと指を引き上げる

濡れて光る指先に

思わず舌を差し伸べて

ずっと焦がれ続けてた

水の存在確かめる

ひときわ高く鳥が鳴く




甘美な味を知ったなら

もはや慕情はおさまらず

じかに口つけ潤いを

貪るように飲むのです

大口をあけ舌を出し

からからの喉を潤すと

まるで男を癒すよに

湧き出る水は量を増し

ますます溢れかえります

背後で鳴きます鳥が鳴く

こらえきれぬと歌います




とうとう男は服を脱ぎ

その泉へと飛び込んだ

甘くやわくなめらかな

水が体に染みこんで

ひび割れた肌も癒されて

旅の垢も落ちてゆく

激しくかき回されたとて

泉はにごることもなく

ますます水は量を増し

男の全てを包み込む

鳥のさえずり高らかに

美しい歌を奏でます

久しぶりの訪れに

かつて無いほど高らかに

歓喜の声で歌うのです


IMG_4578cafesanur20160525a.jpg


やがて男は満たされて

ほとりの柔草絨毯に

身を横たえて眠ります

鳥も静かに木の枝で

満ち足りたように眠ります

大きく姿をあらわした

月があたりを照らしてる

男の顔を白くそめ

泉の水をきらめかせ

休息のときを映します


IMG_7257cafesanur20160525a.jpg


それからついに朝が来て

男は空に見つけます

蜃気楼を見るのです

たどり着けぬと知りながら

それを見ると気もそぞろ

目指して行かずにおれません

男は旅へと出かけます

命の潤いをくれた

オアシスあとにするのです


IMG_6396cafesanur20160525a.jpg


砂漠の中にあるらしい

あるオアシスの物語

砂漠の中を旅してる

ある男性の物語




IMG_8450cafesanur20160525a.jpg


詩   : Like a glass of wine
写真 : cafe sanur








にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

cafe sanur

Author:cafe sanur

現在の閲覧者数: