スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛小説:わたしがまだ姫と呼ばれていたころ

わたしがまだ姫と呼ばれていたころ episode5 整体(2)-4 フランキンセンス


このお話は、わたしがまだ姫と呼ばれていたころ episode4 整体(1) の続き になります。

よろしければ先に、episode4 整体(1) そして、 整体(2)-1、(2)-2、(2)-3 をお読みいただくと、話がわかりやすいかと思います。




家に着いた。
珍しくおかあさんが玄関で迎えてくれた。
先生の言っていた通り、いつもと違って優しい穏やかな顔付き。
話さなくても、心が通じているような安心感。

もしかしたら、やっぱり近未来に来ちゃったのかな。
姫は少し心配になった。
近未来では、みんな会話なんてしなくても、思っただけで伝わっている。そんな話を聞いた気がする。

「お腹空いたでしょ、早く手洗いとうがいしてらっしゃい。あなたのお祝いするの、みんな待ってたのよ」
おかあさんが促す。
初めてだ。わたしのお祝いだなんて、おかあさんの口から聞いたの。
いつもは、イエスさまのお産まれになった日だから、と言うのに。

家族みんなにお祝いしてもらった、初めての誕生日。

今日はいろんなことがいっぺんにあって、夢みたいな日だった。
疲れたので少し早いけどもう寝よう、と思い、姫はベッドに入った。
そして、先生からもらった小箱をバッグから取り出した。

そっと開けると、中には古めかしい小さな瓶がひとつ、ころんと入っていた。
掌にすっぽり入ってしまうほど小さな茶色い遮光瓶。姫は右の掌に握り、その上から左手を重ねると、大切なものを抱きしめるように胸にぎゅっと押し当ててみた。
胸がドキドキしている。鼻から思いっきり空気を吸い込む。胸がいっぱいって、きっとこんな感じだろう。

ゆっくり瓶の栓を開けると、きゅっと音がして懐かしい香りがふわっと辺りに立ち込めた。

フランキンセンス!
目を閉じて、深く吸い込んでみる。

先生の笑顔が浮かんだ。
「大好きだよ、僕の大切なツインソウル!」
そう聞こえた。

先生がこのエッセンシャルオイルに魔法をかけていたのだろうか。
「わたしも大好きよ、わたしの大切なツインソウル!」
姫も心の中で呟いた。

すると、「ありがとう」という先生の声が聞こえた。
「先生。わたし、先生と会話できてるの?」
思わず心で叫んだ。
「そうだよ。この香りの中に、僕たちはいつも一緒にいる。僕と話したいときは、フランキンセンスの小瓶を開けてみて」


この日以来、頭痛もなくなったし、おかあさんとの関係もうまくいっている。

先生のサロンへはあれから行っていない。
行かなくても、いつだって会えるから。
フランキンセンスがある限り、いつだってあの日に戻れる。

姫の宝物が、またひとつ増えた、クリスマスの日のお話。




                   【episode5 整体(2) 終わり】
                    



episode1 から読んでみたいかたは、こちらからどうぞ。
   ↓
わたしがまだ姫と呼ばれていたころ episode1 三日月






にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

恋愛小説 ブログランキングへ

☆ お読みいただき、ありがとうございます ☆
関連記事

テーマ : 恋愛小説
ジャンル : 小説・文学

恋愛小説:わたしがまだ姫と呼ばれていたころ

わたしがまだ姫と呼ばれていたころ episode5 整体(2)-3 フランキンセンス


このお話は、わたしがまだ姫と呼ばれていたころ episode4 整体(1) の続き になります。

よろしければ先に、episode4 整体(1) そして、 整体(2)-1、(2)-2 をお読みいただくと、話がわかりやすいかと思います。



口に出すのが恥ずかしいような言葉も、こうして目を閉じて、ただ念じるだけなら、いとも簡単にできた。
ただ、先生とは違って、姫には先生の思っていることが伝わってこない、というもどかしさがあった。

しばらく待ったけれど反応がないので、姫は薄目を開けてみた。

先生がいない!
なんで?
これって、浦島太郎よりひどくない?

姫は寝ていたベッドから起き上がると、キョロキョロ辺りを見渡した。
すると、ドアから先生が入ってきた。
「もう、先生、ひどい。急にいなくなるなんて」
「ごめん、ごめん。冷えてきたようだから、温かい飲み物をと思って、ハーブティーを淹れてきたよ。さぁ、どうぞ」
ガラスのティーカップからは、湯気が立ち上っている。

姫はベッドの上に座ったまま、先生のほうにからだを向け直すと静かに言った。
「先生、口移しで飲ませて」
甘えた口調ではなく、半ば命令的な物言いは、姫独特の一種の照れ隠しだった。

先生はきっとさっきのだって、わかってて席を外したんだ。だから、口移しで飲ませる義務がある。
姫は自分でもおかしな論理だと思う一方、先生が絶対するであろうという確信もあり、強気だった。

先生は少し困ったような、照れたような顔付きで、ハーブティーをふぅふぅと冷ますと、ひとくち口に含んだ。
そのままゆっくりと、姫のいるベッドのほうに近づいてきた。
さっきとは違って、愛しい者を見つめる柔らかな表情だ。
ベッドに座ったままの姫は、そんな先生を見上げて微笑んだ。
先生は姫の隣に座ると、背中に両腕を回し、優しく抱きしめた。
姫は目を閉じた。
唇に温かい感触が……。上唇と下唇をほんの少しだけ離すと、先生の口から生暖かい液体が流れ込んできた。
砂糖の甘さじゃない。こんなに甘いハーブティーは初めてだ。
ステビア? ううん、違う。
きっと、先生のせいだ。

それから、ゆっくり時間をかけて、先生の口から姫の口へとハーブティーは移動していった。
少しでも隙間ができるとこぼれてしまうから、「慎重に!」という大義名分を得て、濃厚なキスは堂々と行われた。
先生の口から完全に姫の口へと移され、その最後の一滴まで姫は飲み終えたが、お互い離れがたい思いがあった。
いつの間にか姫も先生の背中に腕を回し、きつく抱き合っていた。
それまでベッドに座っていた姫のからだが、ゆっくり倒された。
そのあとのことは、よく覚えていない。
フランキンセンスの香りに包まれて、甘美なときが流れていった。
なるようになっただけ。
ありきたりの言葉で言われたくはないが、きっと周りから見たらそんな展開だろう。
いくらふたりに、特別な事情があろうとなかろうと。

帰りに姫は、先生から小さな箱を渡された。
家に帰ってから、夜寝る前に開けるように、と言われ、これこそが玉手箱なんじゃないか、と少し不安になった。
先生はまた笑って、「大丈夫。おばあさんになったりしないよ」と言った。



                 【episode5 整体(2)-4に続く】



episode1 から読んでみたいかたは、こちらからどうぞ。
   ↓
わたしがまだ姫と呼ばれていたころ episode1 三日月






にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

恋愛小説 ブログランキングへ

☆ お読みいただき、ありがとうございます ☆
関連記事

テーマ : 恋愛小説
ジャンル : 小説・文学

写真

Xmas イルミ 2015 part 4 ~東京編3~ 六本木


Xmas イルミ 2015 最終回は、六本木です。


まずは、大好きな東京タワーが入るスポット、けやき坂から。
(ほかにも、ベストスポットはたくさんありますが……)

3月IMG_0948cafesanur20151221



けやき坂に、今年現れた「ハート」の木。
これも色が変わるそうです。
よく見ると、ハートの中にもハート!

2月IMG_0969cafesanur20151221




青バージョンも、すごく素敵。

IMG_1205cafesanur20151221.jpg




ここにも、ハート♪

IMG_1238cafesanur20151221.jpg




続いて、東京ミッドタウン方面へ。

樹齢約70年という、クスノキ「奇跡の木」。
木の中では、桜に次いで好きなクスノキ。
なぜか、落ち着きます。

IMG_1281cafecanur20151221.jpg



ツリーイルミネーション。

IMG_1287cafesanur20151221.jpg



スターライトロード。

IMG_1291cafehiraira20151221.jpg


シャンパン・イルミネーション。

IMG_1296cafehiraita20151221.jpg



そして、メイン会場のスターライトガーデンへ。
宇宙をイメージした、青と白のイルミネーション。

IMG_1313cafehiraita20151221.jpg



IMG_1319cafesanur20151221.jpg


毎年新しい試みがされているようですが、今年のは個人的には、あんまりピンとこなくて、平日で比較的空いていたにも関わらず、長居しませんでした。
まぁ、カメラのバッテリーが切れてしまったので、ちょうどよかったのかもしれません。


4日間に渡るクリスマス・イルミネーションの写真を、最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

みなさま、どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしくださいませ。

お仕事のみなさま、お身体に気をつけてください。


cafe sanur より、愛をこめて。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

心象風景写真 ブログランキングへ
関連記事

テーマ : イルミネーション
ジャンル : 写真

cafe sanur

Author:cafe sanur

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。