スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真詩

シンクロニシティ



20101023 206cafesanur20161213



シンクロニシティが
クローズアップされる
西から天気が変わる
ティータイムにはまだ早い


しあわせはだれが決めるの
ん? それは自分自身じゃない?
クリスマスカラーの
ろうそくに火をつける


西から天気が変わる
湿った風が吹き荒れる
テーブルの上には
いちごのミルフィーユ


しんみりしないで
黒塗りの高級車で
西麻布で買ったの
ティータイムが始まるわ


シンクロニシティという名の




関連記事

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

写真詩

待ち合わせ


IMG_9063cafesanur20161208a.jpg



街がキラキラしてきたね

どこで待ち合わせようか



はじめての場所って

なんだかどきどきするね



きみが迷子にならないように

ぼくがすぐにさがせるように

目印をつけておくよ



胸に赤い薔薇じゃ

恥ずかしいから

そうだな~

どうしようかな~



そんなことを

考えるのさえ

どきどきしてしまう

今年のクリスマス




関連記事

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

日記

山羊座の三日月と金星、そして、ダリ展


先日、以前から気になっていた国立新美術館で開催中の、「ダリ展」に出かけて来ました。

写真は、乃木坂駅直結の入口から入る手前の空。
ちょうど三日月と向かい合うように微笑む、明るい宵の明星が、なんとなく美術鑑賞チックで美しい夕べ。



IMG_8753cafesanur20161204.jpg



もっと早くに(日にちも、時間も)行けばよかったのに、ギリギリになってしまったため、予想以上の混雑ぶり。

ダリと言えば、「記憶の固執」(時計がぐったりしている絵、とあるひとに言われて、「すごい! その表現、よくわかるし、面白い♪」と思ったことがあります)、のシュルレアリスムの有名な画家。

今回、この絵は展示されていないそうですが、わたしの見たかったのは、ダリと妻であるガラをイメージして描かれたという「ポルト・リガトの聖母」です。
(せいぼ、と入力したら、歳暮、になってて気づかずにアップするとこでした)

マリアさまのような、ガラに抱かれるダリが、キリストのイメージ。
隅々まで、細かく描かれたいろいろなものを、大きな絵の前のほうにも行って、じっくり鑑賞しました。



IMG_1437-768x1024.jpg

撮影不可のため、こちらより、写真はお借りしたものです。



そして、会場をまわっているうちに、遠くからでもわかる壁一面に並ぶ3枚の大きな絵に釘付けに。
あぁ、ここでまた逢えるなんて♪


IMG_1421-1024x768.jpg


撮影不可のため、この写真も同じくこちらより、お借りしています。

横浜美術館で見た「幻想的風景 暁(ヘレナ・ルビンスタインのための壁面装飾)」「幻想的風景 英雄的正午(ヘレナ・ルビンスタインのための壁面装飾)」「幻想的風景 夕べ(ヘレナ・ルビンスタインのための壁面装飾)」でした。

この真ん中の英雄の顔、眉毛とか目とかカモメで描かれているのですが、もうこの一枚が、ダリの絵の中で一番好き。
あ、わたしの知ってる限りで一番、という意味ね。たぶん、知らないもののほうが多いだろうと思うので。


この英雄の顔も好きだし、ポーズも好きだし、明るい海べの感じも好きだし、色あいも好きだし、グラディエーターっぽいサンダルとか、もうずーっとこの絵の前に座っていたいくらい。

横浜美術館では常設展示のようで、飾られていた雰囲気がここで見るのと、ちょっと違う気がする。
部屋の作りのせいか、もっと明るい雰囲気で、軽い感じがしたけど、こちらはちょっと重厚な感じ。
でも、好きな絵であることには変わりありません。

また、ここでの展示が終わったら横浜に帰ると思うので、来年あたり観に行こうと思います。
そして、ポストカードも買ってこようっと。
ここでは探したけど、なかったので。

あと、ディズニーとのコラボレーションの映像が面白かったです。

出口を出て最後の部屋だけ撮影可能だったのですが、見ると撮影場所へと続く上り階段には、100人近い人が並んでいるじゃないですか。
係りのお兄さんに聞くと、正面からじゃなくてもいいなら、並ばなくてもいいと言うので、時間のないわたしは(並ぶのが苦手なわたしは)階段脇の横から撮影しました。

こんな感じです。



IMG_8756cafe sanur20161204





これを、ちゃんと何十分か並んで正面から撮ると、こんなふうに見えたようです。
遠近感も利用した顔がきれいに見えるんですね。


IMG_1469-768x1024.jpg

この写真も同じくこちらより、お借りしています。


ふたつを比べてみると面白いね。
でも、わたしは正面からじゃなくても、横からの種明かし的な写真のほうが好きだったりするな。



あまりの混雑ぶりに、解説はすっとばしたり、流してみた絵もいくつかあったので、1時間くらいで出ました。
本当はもっとじっくり鑑賞したかったのですが、次の予定が控えていたため、あきらめました。

外に出ると、もう真っ暗。
今度は正面の出入口から出ます。


IMG_8762cafesanur20161204.jpg



IMG_8765cafesanur201601204.jpg



次の予定、それは、クリスマスのイルミネーション撮影でした。
この写真は、また次回ゆっくりとアップする予定です。

最後までお付きあいくださいまして、ありがとうございます。


なお、ダリ展は、12月12日まで開催されています。
興味あるかた、お近くのかたは、ぜひお運びくださいませ。






関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

cafe sanur

Author:cafe sanur

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。