スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛小説:わたしがまだ姫と呼ばれていたころ

わたしがまだ姫と呼ばれていたころ episode14 入社式前日デート(6)


戸川の言いたいことが、姫にはなんとなく読めた。
でも、敢えてそこで話題を変える。

「ねぇ、赤レンガ倉庫って、広いの?」
「うん、結構」
「早く行ってみたい」
「うん、今向かって歩いてるんだよ」
「そうなんだ?」

しばらくふたりは、黙ったまま歩いていた。
姫が遠くの海を眺めながら、しみじみと言った。

「なんか、嘘みたい」
「何が?」
「今、戸川くんと、こうして日本で一緒にいること」
「ほんとに、そうだね」
「不思議な感じ」
「そうだよね。一か月前には出逢ってなかったんだから」
「うん。ご縁……なのかな」

「うん、そうだと思う。俺たち、もしハワイに行ってたら、姫さんに出逢うこともなかったわけだし」
「戸川くんたち、ハワイに行くつもりだったの?」
「うん、馬場と内山がハワイに行きたいって言ってて、俺と長瀬がオーストラリアがいいって言ってたの」
「それで?」
「ニニで分かれて行く案も出たんだけど、最後だし、せっかくだから四人で行こうってことになって。で、ハワイは働き出してからも行けるかもしれないけど、オーストラリアはそうそう行けないんじゃないかってことになって」
「へぇ、そうだったんだ? やっぱり戸川くんは長瀬くんと一番仲良いのね?」
「うん、あいつとは何でも話せる」

「そういえば、長瀬くんって、彼女いるんだよね?」
何気なく、姫は長瀬のことを話題にした。
「うん、よく知ってるね」
「だって、長瀬くん、自分でそう言ってたから」
「え? あいつ、そんなこと言ったの?」
「まぁ、自分から言い出したわけじゃないけど。わたしが先に訊かれたから、訊き返したの。そしたら『いるよ』って即答だった」
「ふーん。長瀬のとこは、長いよ。多分結婚するんじゃない?」
「そう」
「うん。高校生のときからずっとつきあってきた彼女で、親も公認だから」
「どんな人か知ってる?」
「うん、何度か連れて来てたから。控えめで感じのいい、綺麗な人だよ」
「そうなんだ」

会ったこともない長瀬の彼女を想像して、姫のテンションは一気に下がった。
「姫さん、長瀬のこと、好きだったでしょう?」
「え、なんで?」
「見てたらわかるよ。今だって、ほら、テンション下がった」
「…………」
「オーストラリアにいるときから、それはわかってたんだ。でも、俺は姫さんがいい」
「…………」
「ごめん、また姫さんのこと、困らせちゃった」
「ううん」


       【episode14 (7)に続く】




episode1 から読んでみたいかたは、こちらからどうぞ。
   ↓
わたしがまだ姫と呼ばれていたころ episode1 三日月






にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

恋愛小説 ブログランキングへ

☆ お読みいただき、ありがとうございます ☆
関連記事

テーマ : 恋愛小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

cafe sanur

Author:cafe sanur

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。