スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛小説:わたしがまだ姫と呼ばれていたころ

わたしがまだ姫と呼ばれていたころ episode21 ブローティガンの詩集(6)


「あの、久しぶり。元気だった?」
「うん、まぁ。どうしたの、今ごろ」
男の素っ気ない返事に、姫の心は折れそうだった。
さっきまでの感動が、うまく言葉にできないもどかしさ。

「あの、去年もらった詩集、ブローティガンの」
「うん」
「今ね、読み返してたの」
「それで?」
どうしてこんなにも意地悪な答え方なんだろう、機嫌が悪いのかな、と心配になりながらも姫は勇気を出して続けた。

「ごめんなさい」
「え? 何が?」
「あの、あれ、プロポーズだったんだよね?」
「あぁ、読んだの?」
「うん、いまさらだけど、返事してもいい?」
「うん、いいよ」
男の語尾が、少しやさしくなっていた。

「わたしも、あなたといっしょに暮らしたいです。よろしくお願いします」
「ねぇ。相変わらず、姫は早とちりだね」
「え? どういうこと? 『いっしょに暮らそう』って、プロポーズしてくれたわけじゃなかったの?」
「ちゃんと最後まで読んだ?」
「うん、最後の詩のとこに、ハートの付箋紙が貼ってあって、そこに『いっしょに暮らそう』って」
「その、もっとあと」
「え?」

姫は慌てて、デスクの上に置いた詩集を広げ、今度は一番後ろのページを開いてみた。



          【episode21 (7)へ続く】





ブローティガンの詩集(1)
 は、こちらをご覧ください。
   ↓
http://cafesanur.blog.fc2.com/blog-entry-215.html







episode1 から読んでみたいかたは、こちらからどうぞ。
   ↓
わたしがまだ姫と呼ばれていたころ episode1 三日月








にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

恋愛小説 ブログランキングへ

☆ お読みいただき、ありがとうございます ☆
関連記事

テーマ : 恋愛小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

cafe sanur

Author:cafe sanur

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。