写真詩

いつだって



IMG_3418cafesanur20160914.jpg




パーティー会場で
大勢のひとに囲まれ
にこやかに微笑む君

ときどき視線が泳ぎ
なにかを探している


ふいに
部屋の隅っこにいる
僕の視線と絡まる

すぐに
君の瞳に
安堵の色が浮かぶ


いつだって見てるよ
遠くから君のすべてを

だから安心して
羽ばたいておいで
見守ってるから





関連記事

テーマ : 写真にコトバをのせて
ジャンル : 写真

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

cafe sanur

Author:cafe sanur

現在の閲覧者数: