スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛小説:わたしがまだ姫と呼ばれていたころ

わたしがまだ姫と呼ばれていたころ episode10 スカッシュ(4)


このお話は、わたしがまだ姫と呼ばれていたころ episode10 スカッシュ(3) の続き になります。

よろしければ、episode10 スカッシュ(1) から順にお読みいただくと、話がわかりやすいかと思います。




一巡したところで、コーチが休憩タイムをとった。
姫が一番コートのドアに近いところにいたので、先に出ようとしたところ、ドアに鍵がかかっていてうまく外せず、もたもたしてしまった。
すると、コーチがさっと駆け寄ってきて難なく開けてくれた。

「すいません。なんか手間取っちゃって」
そう言う姫の横をすり抜けながら、威嚇女がボソッと低い声で言った。
「わざとだろ」
姫は目を大きく見開いて、まじまじとその女を見た。相変わらず、姫を睨みつけてくる。

ふたりの女がベンチを占領していたので、姫は立って汗を拭き、ミネラルウォーターを飲んでいた。
「姫さん、ここ、座っていいよ」
コーチが奥のベンチに座っていて、その隣を姫に勧めた。
「はい、ありがとうございます」

彼女たちのベンチの横を、急いで姫が通り抜けようとしたときだった。
「あっ、痛ーい」
気がつくと、何かにつまずいて、床に思いっきりうつ伏せの状態で倒れていた。
奥のベンチから慌ててコーチが走って来て、姫を抱き起す。

「大丈夫?」
「はい。ちょっと膝すりむいたくらいなんで」
見なくても、姫にはわかった。「チッ」という舌打ちも聞こえたので、確信した。
どっちかの女が、わざと足を出して、姫を引っ掛けて転ばせたのだ。

コーチが彼女たちに向かって言った。
「悪いけど、今日のレッスンはこれで終わりにします」
「えー、なんで? その子、ほっといてわたしたちだけでしましょーよー」
「これは、僕のレッスン中に起きた事故なんで、僕には責任があります」
「そんなの、勝手にその子が転んだだけじゃない?」
「そうよ。事故でもなんでもないじゃん」
ふたりの女は口をとがらせて言う。
それを振り切るかのように、コーチはきっぱりと言った。

「とにかく、今日は終わりです。お疲れさまでした」
そこまで言われると、諦めるしかないので、彼女たちは未練たらしい顔をしつつも引き上げていった。
「ありがとうございましたー」
語尾が下がり、明らかに不服そうだ。
帰り際、姫を睨みつけることも忘れない。

「コーチ、すいません。わたしのせいで……」
「ううん、姫さんのせいじゃない」
「だって……」
「僕、見てたんだ」
「え?」
「ごめん」
「どういうこと?」
「あの人たち、姫さんの足、引っ掛けたんだ」
「そうだったんですか」
「気がつかなかった?」
「倒れたときは、あれ?って思ったけど、そのあと、『チッ』って誰かの舌打ちが聞こえたから、あとでそうかなって」
「彼女たち、いつも僕のレッスンに出てきてね。ここの前にいたスポーツクラブのときから、いわゆる『追っかけ』って言うのかな。こっちのクラブに移ってからも来るようになって。……別にレッスンに出てくれることは構わないんだけど、他の子が入るといつもトラブル起こすから」
「そんなことがあったんですか」
「だから、姫さんに申し訳なくて」
「いえ。コーチも大変なんですね」

「いつだったかは、練習中に、わざと顔めがけてボールを打ちつけたこともあって」
「えー? あの人たち、そんなことまでしてたんですかー?」
「だから、そのときはさすがに厳重注意したんだけど」
「コワイですよね」
「うん。ここの支配人にも僕、注意を受けたことがあって」
「コーチが注意されちゃうなんて、おかしいですよね」
「でも、僕のレッスン中の事故だから」
「でも……」
「そんなこともあってね、この仕事、そろそろ辞めようかなって……」
「えー、そんなー。せっかくスカッシュ面白くなってきたのに、コーチがいないとつまんない」
「申し訳ない」
「ほかのスポーツクラブに移るとかじゃなくて?」
「うん。結局、どこに行っても同じだから」
「コーチにもっともっと教わりたかったな」

淋しそうにつぶやく姫。




     【episode10 スカッシュ(5)に続く】





episode1 から読んでみたいかたは、こちらからどうぞ。
   ↓
わたしがまだ姫と呼ばれていたころ episode1 三日月







にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

恋愛小説 ブログランキングへ

☆ お読みいただき、ありがとうございます ☆
関連記事

テーマ : 恋愛小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

cafe sanur

Author:cafe sanur

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。