スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛小説:セシル~恋する木星~

セシル ~恋する木星~ 第3話 ふたつの美術館とマルシェ


それから、一行はシャガール美術館へと案内される。
高級住宅街にある、緑豊かな静かな場所。オリーブの木の奥に、美術館はあった。

シャガールと言えば、聖書をモチーフにした作品が有名だ。数百点にも及ぶ作品が展示されており、どれも胸にぐっとくる。
セシルは子どものころ、教会に通っていたので「人類の創造」や「楽園追放」など、なじみのあるものには特に惹きつけられていた。
そして、コンサートホールの壁一面を大きく彩る、シャガール・ブルーの美しいステンドグラス。
椅子に座ってゆったり眺めていると、どんどんブルーの光の中に吸い込まれそうになる。なぜか涙があふれそうになってくるセシルだった。

ずっとここにいたい。動きたくない……。
それは、魂の願いだったのかもしれない。


シャガール美術館を堪能した後は、マルシェ(市場)へ。花や野菜、果物、スパイスなど、それぞれ専門のお店がいくつも立ち並ぶ。
黄色いミモザだらけのお花屋さんに心が弾む。ミモザはセシルの大好きな、春を告げる花だ。
数年前に小豆島を旅行したときのことを、セシルは思い出していた。

野菜や果物はどれも色鮮やかでつややか。また、その陳列の仕方がとても綺麗で、レイアウトにセンスの良さを感じる。珍しいものも多く興味津々で見ていると、ところどころで試食もさせてくれた。初めて食べたドライトマトの、深い甘酸っぱさに感動するセシル。


その後、マティス美術館へと一行は向かう。
見晴らしの良い高台の、オリーブの木が茂った公園にあった。
シャガールの青とはまた違う、マティスの光あふれる鮮やかな青に、セシルは目を奪われていた。





☆☆☆ ご案内 ☆☆☆

この後のお話は、
小説サイト Berry's Cafe にて更新しております。

続きを読まれるかたは、こちらからどうぞ。

↓ ↓ ↓

『セシル ~恋する木星~』


なお、著者名は「姉小路ミナト」として登録しています。

また、今後も当ブログで、
『セシル ~恋する木星~』更新のお知らせは、
その都度していきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


2016年2月21日
cafe sanur


☆ ☆ ☆


2016年4月30日
無事、完結しました。

ご愛読ありがとうございます。
cafe sanur







人気ブログランキングへ
☆ お読みいただき、ありがとうございます ☆
関連記事

テーマ : 恋愛小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

cafe sanur

Author:cafe sanur

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。