写真詩

Valentine's Eve


IMG_7391cafesanur20160213.jpg



ゆうべ空から
落っこちた

てのひらサイズの
流れ星

月の雫が
恋しくて

朝陽にそっぽを
向いていた



哀しくなった
おひさまは

星にいじわる
したくなる

 ミンナミンナ
 バラバラニ~

 チギレテドコカヘ
 トンデユケ~



砕けた星の
カケラたち

折り重なって
明るさを

一生懸命
取り戻す

健気な星の
カケラたち



いつか夜空に
帰るまで

肩寄せ合って
生きてゆこう

想いを寄せる
月のそば

願えばきっと
叶うから









人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

cafe sanur

Author:cafe sanur

現在の閲覧者数: