スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記

美しい言葉の魔術師 ~松本隆さん~③


ちょっと間があいてしまいました。
そのあいだに、もう実際のテレビでは、松本隆さんについて語らう、第二回目の放送(10/15)も終わっています。
まだ、そっちも見られてないのですが、取り急ぎ、第一回目放送(10/8)の続きを書いてしまいましょうか。

えっと、松田聖子さんの『秘密の花園』(1983年)についてでしたね。

ナレーション:名曲『秘密の花園』でも、松本は男たちに夢を見させてくれる!

(モテない男に夢を見させてくれる歌詞)

ムードを知らない人
ah・・・あせるわ

Moonlight magic 私のことを
口説きたいなら 三日月の夜
Hold me tight 入り江の奥は
誰も誰も知らない 秘密の花園



続いて、秋の名曲『風立ちぬ』
作曲は、あの大瀧詠一さん。

(歌詞)
風立ちぬ 今は秋 今日から私は心の旅人

齋藤孝「もう、なんか……、なんでしょうね、キャッチフレーズみたい」
松本隆「(笑)」
齋藤「もう、バーンと、押してきますよね」
小堺一機「JR東海って言っても大丈夫ですよね」
齋藤「ねぇ! こういう、ここだけは、キャッチフレーズ的に、っていうのは、ちょっと意識されてやられるんですかね、♪風立ちぬ 今は秋♪」
松本「この詞はやっぱり、ポイントは、すみれ・ひまわり・フリージア、でしょ」

(歌詞)
涙顔見せたくなくて
すみれ・ひまわり・フリージア

齋藤「これですかね。これ、ひまわりを入れてくるのは、あれ、すみれ、ひまわり、フリージア、これ、特に秋というわけではなく、入れていったんですかね」

※ すみれ(春)・ひまわり(夏)・フリージア(春)

松本「季節ではないし、なんでもないんですよ。だから、完全に、あの、無意味なフレーズを(笑)」
齋藤&小堺、キョトンして、真顔で聞いている。

松本「強いて言うと、らりるれろ。ら行の韻を踏んでいるだけの」
齋藤&小堺「はぁ」(納得顔で)
三人「すみれ・ひまわり・フリージア」
松本「あはははは……」
齋藤「あー、らりるれろ、が来てるんですね」
小堺「(ソファから立ちあがって、深々と松本に向かって頭を下げながら)ありがとうございます」
齋藤「(立ち上がりかけながら、同じく松本にお辞儀)」
松本「あはははは……」
齋藤「そういうことだったんですね。それにしても、涙顔見せたくなくて、のあとに、いきなり、すみれ・ひまわり・フリージア、こう、ぶち込んじゃう、その、なんか、神経の太さっていうんでしょうかね」
松本&小堺「あははははは……」
齋藤「これ、もう、ね。普通、ここまで……」
小堺「型破りな」
齋藤「文脈上、だって、入ってこないですよねぇ?」
松本「こういうヒット曲って、テレビでみんな、真剣には聞いてないわけですよ。なんとなく、聞いてる」
齋藤&小堺「うん」
松本「やりながら。勉強しながらとかさ、食べながらとか、なんかしながら聞いてて、で、そのままだとツマンナイから、一回ちょっと振り向かせたいなと思って(笑)」
小堺「あはははは」
松本「それを止めちゃうぐらい、なんか、なんか……」



松本隆の作詞術

視聴者を振り向かせる為に
インパクトのある言葉を羅列



齋藤「あー。でも、俳句で、ありますよね? 目に青葉、みたいな。山ホトトギス、初鰹、みたいな」
松本「そうね。このテクニックは、僕は、芭蕉から学んでいるよね」
齋藤「あ、ほら、やっぱり、そうだ!」
小堺「やっぱり、そうだ!」(齋藤、小堺、お互いを指差し合いながら)
松本「あはははは……」
小堺「当たった!」
齋藤「当たった、当たりましたよ!」
(齋藤、興奮気味で、嬉しそうにソファから立ち上がり、松本に握手を求める。固く二人、握手を交わす)

小堺「乾杯しましょう、乾杯しましょう」
齋藤「乾杯しましょう。いやぁ~~」
三人、それぞれのグラスを合わせて、嬉しそうに乾杯している。
松本:ウーロン茶のようなアイスティーのようなドリンク。齋藤:オレンジジュース。小堺:ビール。

小堺「(齋藤に向って)よかったねぇー」
齋藤「よかったよー」


ナレーション
大瀧の美しいメロディに乗った、松本隆の文学、お楽しみください。

『風立ちぬ』(1981年)
作詞 : 松本隆
作曲 : 大瀧詠一


風立ちぬ 今は秋
今日から私は心の旅人

涙顔見せたくなくて
すみれ・ひまわり・フリージア

高原のテラスで手紙
風のインクでしたためています

SAYONARA SAYONARA SAYONARA・・・

振り向けば色づく草原
一人で生きてゆけそうね

首に巻く赤いバンダナ
もう泣くなよとあなたがくれた

SAYONARA SAYONARA SAYONARA・・・

風立ちぬ 今は秋
帰りたい 帰れない あなたの胸に

風立ちぬ 今は秋
今日から私は心の旅人



淡いピンクのサテンの半袖、ひざ下ワンピース(ウエストの後ろ部分に大きなリボンつき)をまとった松田聖子の熱唱姿を、ワイプでにこにこしながら見ている三人。

齋藤「やっぱり、これ、すごいね。やっぱり、聖子ちゃんが、芭蕉を歌ってると思うとね」
少し照れて、口を手で覆いながら横を向く松本。笑っている小堺。

齋藤「感動しますね」
小堺「感動しますね。日本人でよかったって」
齋藤「日本人でよかったですよ。この良さはね~最高」

齋藤「赤いバンダナ。いいですね~色も入ってねぇ」

観終わってから。
齋藤「うわぁ、、完璧な曲ですね、これ」
松本「うふふふふ……」
小堺「完璧な曲と、完璧な詞と、完璧な歌手ですねぇ」
齋藤「ねぇ」
小堺「帰りたい、帰れない、までは、目を逸らしてて、あなたの胸に、で、目線来ましたからね」
齋藤「来ました」

小堺「やられますね」
齋藤「やられますね」
小堺「俺を見たと思うわけです。……みんな」
松本「あはははは……」

齋藤「文学的なね、まず、空気があって、いいと思うんですよね。風立ちぬ、堀辰雄のね、小説にも『風立ちぬ』ってあります」
小堺「はい、あります」
松本「堀辰雄は好きだったんですよ。中学のときに、慶應の中等部の1年のときかなぁ、なんか、修学旅行が軽井沢だったんですよ。それで……」
齋藤「中学1年で、軽井沢?」
小堺「修学旅行、軽井沢だって」
松本「あははははは……」

※ 青山生まれ 慶應中等部育ちの松本 隆

堀 辰雄 (1904-1953)
「風立ちぬ」「聖家族」などの代表作を持つ昭和初期の小説家。
病気で療養していた軽井沢を舞台にした作品が多い。

松本「で、ちょっと、憧れて(笑)」
齋藤「軽井沢の、堀辰雄の『風立ちぬ』の世界っていうのは、こう、そういう療養の世界ですよね」
小堺「そうですよね、実はね」
松本「半分、病んでるような世界ですね」

齋藤「でも、中学1年で、堀辰雄の文学世界ですから、やはりねぇ、そういう文学的なものに触れられるのが、すごい早い」
松本「ジャン・コクトーですよ」
齋藤「ジャン・コクトー?」
松本「うん」


ジャン・コクトー(1889-1963)
詩人・小説家・劇作家・映画監督など様々な分野で活躍したフランスの芸術家


齋藤(静岡出身)「やっぱりねぇ~」
小堺(千葉出身)「ジャン・コクトーですよ」
齋藤「東京は違うなぁ」
小堺「沖縄の黒糖じゃないんですよ」
齋藤「中学時代、ジャン・コクトーとか、知らないですよねぇ?」
小堺「知らないですよ」
齋藤「田舎の子はねぇ」
松本「そういう文学少年だったのが、えーと、中学3年のときに、ビートルズがバーンとデビューしたんです」
齋藤「あー」
松本「それでねー、全部持ってかれました(笑)」
小堺「ビートルズって、やっぱ、そんだけ、すごかったんですね」
松本「ずごかった」
齋藤「ふーーーん」
松本「リアルタイムで体験できたっていうのが」
小堺「そうですね」
松本「それは、僕の幸せだったと」




ふぅ~長くなりましたー。

次回は、秦素博から松本隆へ禁断の質問、ということになっています。




日記

美しい言葉の魔術師 ~松本隆さん~②

はい、では、第二回に参ります。

前回、話題となった『渚のバルコニー』の作曲は、呉田軽穂(松任谷由実)さん。
このシングルのB面(←なんか、懐かしい響きですね!)『レモネードの夏』も、そして、今回取り上げる『小麦色のマーメイド』の作詞・作曲とも同じペアです。

齋藤孝さんが、松本隆さんに質問します。
「聖子さんとユーミンっていう、巨大な才能が出逢うところに、はまるわけですね、今みたいに。
すると、何か、おふたりの才能の組み合わせに関して、何か気を遣われるというか、配慮されるというか、ありますかねぇ?」

松本さん、さらりと答えます。
「うーん、まぁ、あんまり遣わないですけどねぇ。気を遣っても、無駄なような……。巨大な星が、こうあって……(笑)」


続いて、夏の名曲『小麦色のマーメイド』について、かたらふ。

(歌詞)
涼しげなデッキ・チェアー ひとくちの林檎酒
プールに飛び込むあなた 小指で投げKISS

齋藤「夏の感じを出すのに、いろいろと道具立てって、あると思うんですよね。デッキ・チェアーとか。どんな感じで、出てくるんですかねぇ。絵的に」
松本「暇になると、ハワイ行きますから(笑) 当時ね、もう逃げるって言ったら、ハワイに行く」
齋藤「あー、それで、夏の歌が充実してる(笑)」

齋藤「女の子の言葉が可愛いんですよね。
   あの、♪大好きなの♪とか、♪嘘よ 本気よ♪ とか」

(歌詞)
嫌い あなたが大好きなの 嘘よ 本気よ

齋藤「今の若い女性は、女の子言葉を使わないケースもあるんですよ。
   ♪あなたをつかまえて泳ぐの♪とか」

(歌詞)
あなたをつかまえて泳ぐの

松本「あー、言わないですね。『~わ』とか、もう全然使わないですね」
齋藤「言わないですよねぇ」
小堺「いわゆる、女の子言葉こそが、死んでしまいましたね」
松本「死語になっちゃったね」
齋藤「この女の子の語尾っていうのがね、やっぱり、松本さんの歌詞、こう美しく、ありますよねぇ」



松本隆の作詞術

女の子ならではの言葉遣い




齋藤「と、聞いてるとね、男としては、ふわぁっとした気分になりますよね」



女の子のセリフの語尾に注目して聞いてください。とろけます。

ここで、ノースリーブのラメゴールドに、ココア色のシフォンが重なった、ふわっとしたひざ上ワンピース姿で熱唱する松田聖子の映像が流れ、三人は右横のワイプで、うっとりご鑑賞。


『小麦色のマーメイド』(1982年)
作詞 : 松本 隆   作曲 : 呉田軽穂(松任谷由実)


涼しげなデッキ・チェアー
ひとくちの林檎酒

プールに飛び込むあなた
小指で投げKISS

WINK WINK WINK
常夏色の夢 追いかけて

あなたをつかまえて泳ぐの


(ここで、ワイプ齋藤、とろけながら、「やさしいですねぇ」)
(ワイプ松本&小堺 同じく幸せそうな笑顔で、大いに頷く)
(小堺「やさしい」 齋藤「やさしい」 三人とも、歌っている聖子ちゃんに、目を細めつつ、うっとり。特に、齋藤、もうたまらないといった表情で、終始にやけっぱなし)


わたし裸足のマーメイド 小麦色なの




映像を観終わってからの感想。

齋藤「う~ん。 ♪なの~♪ が、いいですねぇ。♪なの~♪」
小堺「♪なの~♪」
齋藤「♪なの~♪。 ♪なの~♪ のところも、やさしいですねぇ」
小堺「やさしいですね」
齋藤「♪なの~♪」

もう、齋藤さん、可愛くって仕方ない、といった感じで、聴き終わってからも、ずっと相好崩れっぱなし。
松本さんもうれしそうに、微笑んでいる。


齋藤「なかなか恋愛に臆病なね、男女が増えてるというなかで、もう、こんな積極的な女の子がいたら、もう、とろけますよねぇ」
小堺「実体験がない、モテたことがない男の子に対しての、メッセージもあるんですか。夢の体験をさせてあげる、みたいな」
松本「まぁ、そういうことも、ありますよ」
齋藤「だって、夢みたいですよね」

(モテない男にとって夢のような歌詞)
常夏色の夢 追いかけて あなたをつかまえて泳ぐの
わたし裸足のマーメイド 小麦色なの

松本「現実って、大抵、つまんないじゃないですか」
小堺「やっぱり、先生もそう思ってるんですね?」
松本「歌の中くらい、良い思いさせてあげたいじゃないですか(笑)」
小堺「(手を叩いて喜びながら)あ、うれしい。松本隆さんでさえ、現実、つまんねぇと思ってるんだ?」



松本隆の作詞術

歌で「夢のような体験」をしてもらう




小堺「いや、先生は、夏は、すごい、こういうことばっかり、してるんだと思ってた」
松本「いやいや~(笑) ないですよ。僕はもう一生懸命、〆切があって……(笑)」

三人、大いに盛り上がっています。


と、第二回は、ここまで。
次回は、同じく松田聖子のヒット曲『秘密の花園』について。

さらに夢を見させてもらえるようですよ^^





テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

日記

美しい言葉の魔術師 ~松本隆さん~①

はじめにお断りしておきます。
今回の記事は、自分自身の心おぼえのようなもので、大変長い文章になる恐れがあります。
興味のないかた、適当にスル―してくださいね。
大好きな作詞家の松本隆さんについてです。

偶然、テレビをつけたら、作詞家の松本隆さんが目に飛び込んできた。
なんだろう~、よくわからないけど、これはすぐ録画だな、と慌てて途中から録画しつつ見る。

途中と言っても、まだ番組は冒頭に近く、彼の紹介が始まったところだった。
番組名は、『かたらふ~ぼくたちのスタア~』(フジテレビ、10/8 17時~)
小堺一機さんとゲストが「生きるレジェンド」と呼べるスターについて語る番組とのこと。

今回のゲストが、先の松本隆さんと、『声に出して読みたい日本語』の著者である、齋藤孝さんで、”松本隆の詞の世界”をかたらふ、らしい。
小堺さん、齋藤さん、ともに松本さんの大ファンだとか。

松本さんの手がけた曲は、2000曲以上。総売上枚数は、5000枚以上!!
まさに、日本歌謡界のレジェンド♪

番組で紹介されていたタイトルを一部紹介すると……。

赤いスイートピー
渚のバルコニー
風立ちぬ
白いパラソル
小麦色のマーメイド
秘密の花園
SWEET MEMORIES
Woman "Wの悲劇"より
メイン・テーマ
卒業
初戀
ツイてるね ノってるね
派手!!!
木綿のハンカチーフ
赤道小町ドキッ
硝子の少年
ジェットコースター・ロマンス
スニーカーぶる~す
ブルージーンズメモリー
ハイティーン・ブギ
ハイスクールララバイ
てぃーんず ぶるーす
キャンディ
ルビーの指環
やさしさ紙芝居
冬のリヴィエラ
セクシャルバイオレットNO.1
スローなブギにしてくれ
SEPTEMBER
風の谷のナウシカ
君は天然色


国民から愛された美しい言葉の作り方、大ヒット作の裏に隠された壮絶な使命、松本隆だけが知るアーティストの苦悩、そして芸能界の松本隆ファンからの熱いメッセージ、とのテロップに、もう見る前からわくわくが止まらない。

残念ながら見ていなかった過去の放送(4/30、5/7)では、小堺さんと齋藤さんが、松本隆の歌詞を語らう、というテーマで大いに盛り上がったようで、まずはその回想シーンから。


松本隆に聞いてみよう!
小堺&齋藤の歌詞の解釈は正しかったのか?

というテーマで、まずは、『渚のバルコニー』(1982年)松田聖子の歌詞について。

♪渚のバルコニーで待ってて ラベンダーの夜明けの海が見たいの そして秘密…♪

小堺&齋藤の解釈①
「すごく美しい感じで入ってくるんですけど、実はこの女の子はすごい積極的なんですよね」
「ラベンダーの夜明けの海が見たいの、ですから、もう夜をともに過ごすということじゃないですかねぇ、もう」

⇒『渚のバルコニー』で描かれている聖子ちゃんは積極的な女の子?

♪ジーンズを濡らして泳ぐあなた あきれて見てる 馬鹿ね 呼んでも無駄よ 水着持ってない♪

小堺&齋藤の解釈②
「これ、書けないですよ。松本さん、これ想像で書いたんですかね。それとも、誰かに言われたんだと思うんですよ、つき合っていた彼女に」
「『泳ごうよ』『水着持って来てないもん』くらいかもしれないけど、それを、♪馬鹿ね 呼んでも無駄よ 水着持ってない♪って、いやぁ~」
「だからこれは、水着持ってないわよ、ってことは、でもあとで水着持ってないカッコになるわよ、ってことですよね」
「はぁ~なるほど、そういう解釈」
「もう一緒には泳がないけど、あとでどうせ見れるでしょ、って言ってるのと一緒じゃないですかね」
「まさかの解釈ですね」「違いますかぁ」

と、笑いながらも終始、過激な解釈の小堺さんに、少し戸惑い気味な齋藤さんの対比が面白い。
これを一緒に見ているワイプの松本さんも、照れながらも、うれしそう。

⇒松本隆は、実体験を歌詞にしている?


どうですかね、今まで言った中で、と解釈が正しかったか、小堺さんに訊かれると、松本さんは、少し顔を赤らめながらも「いや、だいたい合ってんじゃないですかね」と、照れ笑い。


小堺&齋藤の質問。
松田聖子には積極的な女の子を背負わせたの?

⇒積極的なんですけど、あの人は結構気が内気なんですよ、あがり症だし。けっこう大舞台になるとあがってるし。それ、わかんないだけで、みんなに。隠すのはうまいですよね(松本さんの答え)

小堺「ドキドキしている子だけど、それを隠してることが、なんか人間の本能のほうで、色気に見えるんじゃないですかね」
松本「まぁ、そうですね。(彼女の中で)常に葛藤があって、AとBとね、光と陰とが葛藤してるんですよ、彼女の中で。それを写してあげると。だから、これはすごい積極的なんだけど、まぁ、それをストレートには言えないから、水着持ってないとか、いろんなこと言ってる」
小堺「水着持ってない、っていうのは、そういうことでいいんですか」
松本「まぁ、引っ掛けてるんですよ(笑)」
齋藤「あ、やっぱり~」
小堺「合ってた! これ(つきあってた彼女に)言われたことあるんじゃないですか」
松本「(笑)いやぁ~それは……。あのね、100%作り事だと、意外と説得力ないんですよ。だから、想像でまぁ書くんですけれども」
小堺「水着持ってない、って言われたことは、あるということで、よろしいんですね!」
松本「いや、ぼかしてます(笑)」
小堺「その、ぼかしてるから色気になるんですね。今、ちゃっと、おっしゃいましたからね。100%想像だといかないと、あっちに。やっぱり自分がなんかしてないと」
松本「もうね、なんか、七味唐辛子みたいな感じで、時々本当のことを振りかける」
小堺「あ~~~」
松本「98%のウソと2%のホント」
小堺「これが、逆だとダメですね」
松本「まぁ、あのね、逆になると、ときどき女の人いるんですけど、ちょっとツラいのね、聞いてて。日記聞いてるみたいで」



松本隆の作詞術

98%のウソと2%のホント




なお、この記事はテレビの内容を抜粋していますが、非常に長くなることに改めて気づいたので、今日はここでおしまいにします。
ここまでで、放送時間にして6分だったので、あと4回くらい続くかも。

また、松本隆さんの放送は、次回10/15も後半があるので、ここまでの内容でもし興味を持たれたかたがいらっしゃいましたら、どうぞ来週の番組をご覧ください。
なんか、最後は宣伝になっちゃった。





テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

cafe sanur

Author:cafe sanur

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。